テレビ放送について

テレビ放送はテレビジョンの略語ですが、一般にはテレビ受像機とテレビジョン放送を合わせた意味を持つことが多いようです。

テレビジョンはフランス語のテレヴィジオンに由来すると言われており、遠く離れた視界と言われるようです。

日本のテレビは電波法で決められており、静止、もしくは移動する物の瞬間映像を連続で送る、受けるための設備と規定されています。

テレビは1秒間に数十の連続した静止画から構成されているということです。

テレビは1843年にスコットランドで静止画像を走査、スキャンして電気信号にして送信する機械が生まれたのが始まりと言われています。

静止画のスキャンの方法はさまざま検討され、1897年にブラウン管の発明がされ、1907年にテレビ受像機の特許が取得されています。

日本で1926年に電子式テレビ受像機、いわゆるブラウン管テレビが開発され、本格的にテレビの発達が始まったと言われています。

現在ではほぼ液晶になったテレビですが、今後もさまざまな発展があると期待されています